岩手県立大迫高等学校

日本のボルドー、早池峰山の麓、ワインと神楽の町「大迫(おおはさま)」にある本校は、校訓…

岩手県立大迫高等学校

日本のボルドー、早池峰山の麓、ワインと神楽の町「大迫(おおはさま)」にある本校は、校訓である「相尚以道」(あいとうとぶにみちをもってす)の精神のもと、「お互いが道義をもって尊敬し合い、切磋琢磨によって豊かな人間性を高める」ことを目標に、調和のとれた人材育成を目指しています。

リンク

マガジン

  • 学校紹介『こちら大迫高校』

    大迫高校のスクールポリシーなどを集めています。学校のことを知りたい方は、こちらから!

  • つれづれなる大迫

    大迫高校の日常の出来事や行事などをご紹介します

  • 地域みらい留学×高校生おおはさま留学

    大迫高校では、高校生おおはさま留学生を募集しています。令和5年4月で5期目となります。寮は、学校から徒歩3分のホテルベルンドルフ。ここで自立した生活を送り、大迫でしかできない早池峰神楽の習得やぶどう栽培を体験することで、自分らしさとは何かを留学生たちは追求しています。

  • 学校通信・保健だより

    大迫高等学校の学校通信「銀河の森」、保健だよりを閲覧できます

  • おおはさま探究note

    岩手県の大迫高校で取り組んでいる「大迫の魅力発信プロジェクト」アクティベートプロジェクトの内容を中心としたマガジンです。

学校紹介『こちら大迫高校』

大迫高校のスクールポリシーなどを集めています。学校のことを知りたい方は、こちらから!

くわしく見る

2年ジョブカフェいわて講演会

2年生24名は、6月17日(月)6校時の「キャリア形成」において、職場体験実習の事前学習ということで、ジョブカフェいわてから講師をお招きして、セミナーを行いました。 今回のセミナーで学んだことは、体験実習のためだけではなく、今後社会人として身につけておかなければならないことでした。  特に、「あいさつ」の以下の5つのポイントは、普段の生活でも意識して実践していきましょう。①笑顔②大きな声③良い姿勢④みんなに⑤自分から

スキ
3

主濱 君、インターハイ出場決定!おめでとう!

 令和6年6月14日(金)、第56回東北高等学校対抗自転車競技選手権大会(インターハイ予選)で、本校の主濱壱晃 君が1kmタイムトライアル3位入賞(1分8秒845)の好成績をおさめ、「令和6年度全国高等学校総合体育大会 北部九州総体2024」(インターハイ)出場となりました。  大会スローガンの「駆け上がれ夢の舞台へ 燃え上がれ若人の魂」の通り、主濱君がインターハイで全力を出し切り、悔いなく完全燃焼することを期待しています!  本当におめでとう!!

スキ
9

全校ぶどう実習 兼 PTA研修

 令和6年5月12日(水)の午後、鈴木寛太さんのぶどう圃場と、葡萄が丘研究所のぶどう圃場にて、全校ぶどう実習 兼 PTA研修が行われました。  今年のぶどうは成長が早いようで、かなりぶどうのツルが伸びている状態でした。今回の主な作業は、ぶどうの枝の誘引作業と、余計なツルを切る作業です。  この作業が上手くいくかどうかで、収穫時の収量や品質に影響がでてしまいますので、真剣に取り組まなければなりません。作業開始前の説明をよく聞いて、いよいよ実習開始です。  当日は、かなり気温が

スキ
10

5月24日大迫(外川目地区)家庭血圧測定説明会を見学しました。

私は説明会に参加して血圧が高い状態が続くと心疾患や脳卒中のリスクを高めるという事を知り、家庭で血圧を測ることでリスクを下げる可能性があると学びました。 大迫地域は高齢化が進んでおり、医療機関も不足している状況の中、家庭血圧は高齢者の健康状態を把握する上で大切だと思いました。また、日頃健康に気を遣っていない人が家庭血圧測定説明会に来ることで、自身の健康に関心を持つ第一歩になると感じました。 今回、住民の方々は血圧計を受け取る事ができるだけではなく、破格の値段で糖尿病の検査やMR

スキ
13

つれづれなる大迫

大迫高校の日常の出来事や行事などをご紹介します

くわしく見る

全校登山その前に……再開

今日で中間考査が終わりましたので、向山公園権現様までのウォーキングを再開しました。今日のゲストはALTのタバ先生です。なんと裸足のサンダルで登りました。アメリカではトレイルランニングをしていた様です。(私の聞き間違いが無ければ)今日は8名が登頂しました。

スキ
11

放課後のおしゃべり会Vol.2

5月30日(木)東京から再び大学院生のお兄さんがやって来てくれました! 去年の様子はこちら 高校生×大学生×社会人。~放課後のおしゃべり会~|岩手県立大迫高等学校 (note.jp) 大迫高校魅力化コーディネーターのかんたさん、うっちーさんと共に、「大学を身近に感じてもらう」ことを目指して、ゆるゆるとみんなでおしゃべり会を開催しました。 高校1年生・2年生11人が車座になって座り、自分たちの夢や希望について語り合い、また積極的に大学生に質問していました。 東京で大学生

スキ
23

元県知事 國分謙吉翁 銅像の大掃除

5月23日(木)午後、おおはさま留学生6名で、元県知事・國分謙吉翁銅像の清掃活動のため、葡萄が丘農業研究所へ行ってきました。 お掃除の前に・・・ 國分謙吉さんとは一体何者なのか?と疑問を持つ高校生たちに 花巻市葡萄が丘農業研修所の所長・工藤様より、歴史のミニ授業をしていただきました。 大迫と言えば「ぶどう」と、今ではぶどう栽培の印象が根強い地域となっていますが、「大迫の環境は、ぶどうを育てるのに適している」という國分さんの言葉から、ぶどうの産地化が始まりました。 大迫の

スキ
12

大迫中学校でベルンドルフ市海外派遣報告会を行いました

 昨年、本校生徒2名がオーストリア共和国ベルンドルフ市へ、海外派遣に行きました。(詳しくは下記の記事の通りです) (本編の続きは、これらの記事一覧の最後の方にありますので、スクロールしてご覧ください。)   その様子を、大迫中学校の皆さんへ伝えるベルンドルフ報告会が、大迫中学校で行われました。(令和6年4月19日 13:30~)  本校から派遣された生徒2名が、時にはクイズ形式、時にはアドリブなどを交えて、一方通行の講義にならないようにしながら発表を行いました。(今まで一番

スキ
8

地域みらい留学×高校生おおはさま留学

大迫高校では、高校生おおはさま留学生を募集しています。令和5年4月で5期目となります。寮は、学校から徒歩3分のホテルベルンドルフ。ここで自立した生活を送り、大迫でしかできない早池峰神楽の習得やぶどう栽培を体験することで、自分らしさとは何かを留学生たちは追求しています。

くわしく見る

地域みらい留学 合同説明会がスタート!

5月28日(火)に地域みらい留学の説明会が行われ、他県の留学制度を取り入れている高校も参加しました。大迫高校からは、今年入学した1年生の留学生がメインとなり、説明会を行いました。 2年生の先輩留学生はサポートにまわりましたが、1年生の皆それぞれ助け合いながら、とにかく明るく元気に高校の説明をしてくれました! 【お知らせ】 ・6月1日(土) 地域みらい留学オンライン説明会開催。 ・7月7日(日) 地域みらい留学オンライン説明会開催。 ・8月3日(土) 地域みらい留学オンラ

スキ
7

おおはさま留学生による農魂顕彰像の清掃活動の様子が新聞に掲載されました

 岩手日日新聞に、おおはさま留学生の「農魂顕彰像」の清掃活動の様子が記事として掲載されました。  現在の大迫の特産物であるブドウは、岩手県知事であった國分謙吉氏が奨励したことが始まりです。  その功績をたたえる「農魂顕彰像」が、大迫高校のすぐそばにある葡萄が丘農業研究所に建立されています。  地域理解の促進およびボランティア活動として、おおはさま留学生が清掃活動を行いました。  下記pdfファイルに新聞記事を掲載しましたので、是非、ご覧ください。(岩手日々新聞社様より掲載許可

スキ
8

元県知事 國分謙吉翁 銅像の大掃除

5月23日(木)午後、おおはさま留学生6名で、元県知事・國分謙吉翁銅像の清掃活動のため、葡萄が丘農業研究所へ行ってきました。 お掃除の前に・・・ 國分謙吉さんとは一体何者なのか?と疑問を持つ高校生たちに 花巻市葡萄が丘農業研修所の所長・工藤様より、歴史のミニ授業をしていただきました。 大迫と言えば「ぶどう」と、今ではぶどう栽培の印象が根強い地域となっていますが、「大迫の環境は、ぶどうを育てるのに適している」という國分さんの言葉から、ぶどうの産地化が始まりました。 大迫の

スキ
12

大迫高校通信10月号です

大迫高校通信「銀河の森」10月号です。ぜひ、ご一読ください。

スキ
7

学校通信・保健だより

大迫高等学校の学校通信「銀河の森」、保健だよりを閲覧できます

くわしく見る

学校通信「銀河の森」5月号

 大迫高校学校通信「銀河の森」5月号を発行しました。下記pdfファイルからご覧いただけます。是非、ご一読ください。

スキ
6

2学年医療介護実習事前ガイダンス

【この記事は、ガイダンスに参加した2年生の森さんが執筆しました】  5月16日に看護師・介護士などを志望している4名が参加しました。  5月24日に家庭血圧事業を見学します。家庭血圧事業は簡単に言うと” 人間ドック” のようなものです。血圧計を1人1台貸し出し、血圧測定を4週間の間朝夜行っていただきます。そして血圧計回収日に専門医から直接結果を伝えていただけます。さらに!参加していただいた方限定で糖尿病検査や脳MRI検査なども受けられるそうです。  このガイダンスでとある

スキ
12

大迫高校通信「銀河の森」4月号を発行しました

大迫高校通信「銀河の森」4月号を発行しました。令和6年度の初号となります。ぜひ、ご一読ください。

スキ
7

大迫高校通信「銀河の森」3月号を発行しました

 大迫高校通信「銀河の森」3月号を発行しました。ぜひ、ご一読ください。なお、令和5年度の発行は今回が最終号です。  令和6年度は4月号から発行予定です。

スキ
8

おおはさま探究note

岩手県の大迫高校で取り組んでいる「大迫の魅力発信プロジェクト」アクティベートプロジェクトの内容を中心としたマガジンです。

くわしく見る

5月24日大迫(外川目地区)家庭血圧測定説明会を見学しました。

私は説明会に参加して血圧が高い状態が続くと心疾患や脳卒中のリスクを高めるという事を知り、家庭で血圧を測ることでリスクを下げる可能性があると学びました。 大迫地域は高齢化が進んでおり、医療機関も不足している状況の中、家庭血圧は高齢者の健康状態を把握する上で大切だと思いました。また、日頃健康に気を遣っていない人が家庭血圧測定説明会に来ることで、自身の健康に関心を持つ第一歩になると感じました。 今回、住民の方々は血圧計を受け取る事ができるだけではなく、破格の値段で糖尿病の検査やMR

スキ
13

探究活動 テーマ決め

5月22日(水)探究の時間では、5つのカテゴリー別に班に分かれ、それぞれの教室でテーマ設定をしました。仮説を立てることで、自分達が行う探究に理解が深まり、行動に移せそうです。 今年は、1年生から3年生まで、自分の好きなこと、興味あることを一人ひとりが考えてテーマを設定していきます。 4月に行われた開講式の様子はこちらから。 大迫高校「総合的な探究の時間」開講式|岩手県立大迫高等学校 (note.jp) 例えば テーマ「ぶどうで美味しいスイーツをつくる!」だとしたら、

スキ
9

2学年医療介護実習事前ガイダンス

【この記事は、ガイダンスに参加した2年生の森さんが執筆しました】  5月16日に看護師・介護士などを志望している4名が参加しました。  5月24日に家庭血圧事業を見学します。家庭血圧事業は簡単に言うと” 人間ドック” のようなものです。血圧計を1人1台貸し出し、血圧測定を4週間の間朝夜行っていただきます。そして血圧計回収日に専門医から直接結果を伝えていただけます。さらに!参加していただいた方限定で糖尿病検査や脳MRI検査なども受けられるそうです。  このガイダンスでとある

スキ
12

おおはさま、蚤の市。

5月19日(日)に大迫の後藤商店さんの駐車場スペースを使って、蚤の市が開催されました。 出店者さんは全部で20店舗以上。大迫高校生も出店させていただきました。 準備から参加。 大迫高校生は、後藤商店さんのお菓子や日用雑貨、飲み物を販売。想像以上にお客さんがたくさん来られました。飲み物は30本仕入れて、残ったのはたったの1本。暑さもありましたので、飲み物需要は大きかったのかなと。 ある生徒が考えた、探究活動で使うアンケート。モノを販売したり、アンケート調査をやったりと結

スキ
9